医局紹介

診療内容

総手術件数は11,941件 ※2015年度

付属病院中央手術室は40年間の累積手術件数が28万件に達しています。旧病院ではバイオクリーン手術室を含めた14室がありましたが、年々の手術件数増加により、1991年より第2手術室を設け、局所麻酔・外来手術を別管理としました。

現在は2006年の病院棟リニューアルから部屋数は21、複数手術台を持つ部屋、救命救急センターMRXOを含め25台の手術台を有す規模となり、院内における手術医療、中心静脈カテーテル挿入など侵襲性の高い手技の全てを365日24時間体制で行い、2015年度の総手術件数は11,941件となっています。

MRXO

日帰り手術、麻酔科診察、ペインクリニック外来の管理

設置し、それまで個々に運用していた日帰り手術、麻酔科診察、ペインクリニック外来を集約し、手術室と双方を麻酔科で管理しています。

短期入院手術センター

主な対象疾患

全ての診療科における麻酔管理

当院の各診療科で行われる手術や検査に必要とされる麻酔管理を行っています。すべての症例に対して安全・最適の麻酔方法を選択し対応しています。
特に当院における専門領域手術としては、

  • 脳神経外科(脳腫瘍、脳血管障害)
  • 眼科(斜視、網膜疾患)
  • 耳鼻咽喉科(鼓膜、鼓室、副鼻腔、喉頭、咽頭疾患)
  • 消化器外科、(食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓疾患)
  • 乳腺内分泌外科(乳腺、甲状腺疾患)
  • 呼吸器外科(肺、縦隔疾患、気胸)
  • 心臓血管外科(弁、冠動脈、大動脈、末梢血管疾患)
  • 移植外科
  • 泌尿器科(腎、膀胱、前立腺疾患)
  • 整形外科(脊椎、脊髄疾患、外傷、変性疾患)
  • 熱傷外科
  • 救命救急科
などがあり、それぞれに必要とされる手術患者の全身管理を行っています。

他科と連携したペインクリニック外来

ペインクリニックでは、片頭痛、筋緊張性頭痛、帯状疱疹後神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛、腰痛などに加え、他診療科との併診で突発性難聴・顔面神経麻痺などの耳鼻科疾患、視神経炎・網膜血管閉塞症・網膜色素変性症などの眼科疾患、レイノー病などの循環障害、多汗症、褥瘡などの皮膚疾患も診療対象としています。